花火と名勝を移る花火トリップ

クラブツーリズムの都内発の長岡花火フェスティバルを観に行く花火旅行で、花火以外にも色んな名勝を訪ねるおすすめの旅行があるので紹介します。

往復は新幹線を利用し、長岡花火は観覧席でじわじわ拝見でき、2日光視線は村上の城下町を散策したり、滅法軽くて美味い「八色スイカ」の食べ放題ができたりする計画だ。

毎日視線は、とにかく、長岡花火フェスティバルのオーディエンスに到着する前に、「玉川酒造」でスノー内貯蔵庫の観戦やお酒の試飲をします。試飲曲線では、10型の国内酒を試飲することができます。

花火オーディエンスに向かうパーキングは、多くの花火旅行では徒歩で何さまざまも歩かないと行けないほど遠い場合が多いですが、こういう旅行では足約10分の距離にあるパーキングを利用できます。とことん花火を楽しんだその日は、瀬波温泉「ニューハートピア新潟瀬波」で消耗を癒します。

「瀬波温泉」は約110時前に、石油ボーリングの際に湧き出た日本でもだいぶ物珍しいスパだ。逆鱗痛や筋肉痛、関節痛などに効果的なお湯なので、花火フェスティバルのエキサイトの後に加わるのに最適です。

2日光視線は、瀬波温泉を出て、村上で城下町を散策します。村上は、城下町として発展して、現在でも城下町特有の迷路ものの道路理屈などが残っています。Lunchは、「新潟ふるさと村」でリバティーLunchだ。新潟ふるさと村は、新潟の名産ものや特産ものなどのお土産や、郷土メニューや旬の成分によるメニューを喜べる食堂があります。

先、新鮮なお魚や地酒など新潟のおすすめのお土産が豊富にそろった魚沼最大級のお土産処「魚高原のふる里」へ移動します。ますます、直売ポイントの「川永農家」へ移動して、やけに手ぬるいスイカ「八色スイカ」の食べ放題を体験します。ここでもお土産などのお宅配ができます。

長岡花火を楽しんで、新潟の旨いものを食べて、お土産も人一倍見たいという者は、こういう都内発のこういう旅行がおすすめです。ミュゼ天王寺の美容脱毛でつるすべ素肌美人